逆子にマタニティ整体ってどぅ?

マタニティ整体は、逆子の予防、そして、返るお手伝いにお役に立てるかもしれません♪

私は、一人目の妊娠中期頃からずっと逆子で、予定帝王切開を経験しています。
逆子体操をやっても返らず…💦

マタニティ整体スクールで妊娠期の対応などを学び、まさかこれが関係していたとは!!

妊娠中のママの身体の状態が反映される一つに逆子があるのだということを2人目出産後に知ることとなりました。

 

 

なので、もし現在逆子なのであればお力になれることがあるかもしれません♡

 

息子が4歳くらいの時『ママのお腹にいた時の記憶』を聞いてみました。

すると、

『ママのお腹は暗くて、寒くて、早く出たかったんだ。。。』

 

はい。

 

もう答え出ましたね。

 

逆子になる原因は

『冷え』『血流不足』『血行不良』

 

第1子妊娠中の私、まさに3つすべて当てはまっていたと思います。

第1子妊娠中は看護師としてフルタイムで勤務していたので、
立ちっぱなし、動き回っている、常に緊張状態などがあり、お腹が良く張っていました。

お腹が張るのは、出産に向けて赤ちゃんの陣痛の練習なので、必要なことではあるのですが、
頻繁すぎるのはあまり良くありません💦

 

なので、現在逆子の方は、お腹が張る頻度にも目を向けてあげることが大切です!

そして、逆子は早いうちに対応してあげるのがおススメ。

週数が進むと、子宮内で動き回ることができなくなり、身動きが取れなくなってしまうので、30週前後くらいまでには正常位にいてくれるのが理想です(;^ω^)*30週以降でも正常位となることはあります。

 

以前、逆子でお越しいただいたお客様、27週過ぎで、逆子がわかりご相談をいただきました。

マタニティ整体で全身をほぐして血流を促し、子宮内が温まるようにケア。
ご自宅では子宮内への血流がいくようストレッチや、身体を温める方法を伝えしました。
日頃のセルフケアの甲斐もあり、次の検診の際には正常位になっていたとご報告をいただきました😊

妊娠中の身体の不調、トラブルの予防にマタニティ整体とセルフケアの指導でサポート♡
妊娠中からのケアは産後の回復もサポートしてくれます♪

心地よいマタニティライフ、幸せな時間のお役に立てましたら幸いです✨

マタニティ整体についての詳細はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA